さかいで☆うたづスマイるnet スタッフブログ

「さかいで☆うたづスマイるnet」管理スタッフのブログです。 坂出と宇多津の不動産情報のほか、生活に役立つ情報を たくさんご紹介していきます。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブル期の投資用ワンルームマンション

知り合いから20年前に投資用で買ったマンションについて相談がありました。
なんでも関東地方に賃貸ワンルームマンションを保有していて、
かつては借家人がいたが、今は空室になっており、家賃もかなり相場が
下がっているので、売ってしまったほうがよいかどうかの内容でした。

電話のみなので詳細が分からず、結論は出せませんでしたが、
確かなことは、貸すにせよ売るにせよ20年前と比べるとかなり厳しい
環境だということです。しかも東京都心の一等地以外は、
これから資産価値が上がる可能性も極めて低いでしょう。
しかも区分所有では、管理や全体修繕などは自由にできませんから、
打つ手は限られてきます。

個人的には今までの諸経費やローン残債などが、今までの家賃収入と
売却代金でトントンで相殺できるなら、手放したほうがリスク回避
の意味でベターな選択と思います。多少の損がでる場合でも、
将来は大規模修繕やらで予定外の出費が出る可能性もあり、
何より空室のままでイライラしなくてすみます。

しかし、大事な財産のことですし、法人寮などの安定した賃貸人が
入らないとも限らないので、慎重にアドバイスしたいと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。